辞めたいのに辞められない!退職したくてもできない4つのケース

近年、退職代行や退職サポートの業者が増加傾向にあります。これは、退職したくてもなかなか退職することができない人が増えてきていることが大きな理由と考えられます。

そこで、「退職したいのに辞められない」という4つのケースについて解説したいと思います。

退職の意思を受け入れてもらえない

退職の意思を受け入れてもらえない

1つ目は「退職の意思を受け入れてもらえない」というケースです。一般的に、退職の意思表示は直属の上司に対して行われますが、受ける側がのらりくらりと時間稼ぎをするケースがあるのです。

退職を願い出た後に確認してみれば「今、その話を進めているところ」「人員の確保が難しくてねぇ」のように、何かしら理由をつけて退職の話を進めてもらえないケースです。時間を稼いでいたり、退職の考えを撤回させることが主な目的であると考えられます。

情に訴えてくる

2つ目は「情に訴えてくる」というケースです。「情」とは言いつつも、時には「そもそも人手不足なのに残される人はどうなるの?」「ここまで育ててきたのは誰だと思ってるの?」というように、高圧的なパワハラまがいの脅し文句で退職の意思を撤回させようとしてきます。

日本人は情に訴えられると断りづらいという面があり、退職においてもこうした相手の情に訴える文言によって退職を撤回させようとする上司がいます。もちろん、こちらも情に訴えかけることもできるでしょうが、相手は管理職でそうした経験は豊富なわけですから、敵わないケースが多いのです。

威圧的な態度で辞めると言うのが怖い

威圧的な態度で辞めると言うのが怖い

3つ目は「上司に退職を伝えることが怖い」というケースです。これは、上司がもはやパワハラ常習犯のような高圧的・威圧的な態度をとっているパターンであり、退職が認められないというよりも、そもそも退職の意思表示すらできないというケースです。

退職というものは、その大半が上司・管理職にとって不都合なことであり、不快に感じられることが多いです。パワハラ上司の場合、そうした態度をとる部下に対しては極めて高圧的な態度で接するため、部下は嫌悪感を通りこして恐怖を感じ、萎縮してしまうのです。

また、こうした上司の場合だと、仮に退職の意思表示をしても罵倒されたり、挙句の果てには、退職を撤回させたうえで冷遇するなどの処置をとられるケースが考えられます。それを考えると、やはりパワハラ上司の場合だと退職を切り出すこと自体が難しくなってしまうのです。

申し訳ないと感じてしまう

4つ目は「申し訳ないと感じてしまう」というケースです。これは先ほども触れている内容ですが、退職することによって残されるメンバーには少なからず負担が増すことになります。

こうした引け目から、なかなか退職を切り出すことができないというケースです。退職するのは労働者に認められた権利の一種ではあるのですが、それを行使することによって同僚たちに迷惑がかかることを考えると、自分から退職を申し出ることがどうしてもできないという人も少なくないのです。

「辞めたいのに辞められない」という状況でお悩みなら、退職代行や退職サポートサービスの利用をおすすめします。安い費用負担で安全・スムーズに退職したいとお考えであれば、「ヤメル」ノミカタまでご相談ください。

業務効率化と運営費用の徹底削減により、他の退職代行業者よりも安い料金を実現しております。費用は初回のお支払い分のみで、銀行振込またはクレジットカードに対応。確実に退職できるまで電話・メールにて回数無制限でサポートいたします。ただ安いだけではない「ヤメル」ノミカタの退職サポートサービスをぜひご活用ください。

安い退職代行の業者をお探しの方はぜひお問い合わせを!

サイト名 退職サポートサービス「ヤメル」ノミカタ
運営事業所名 労働支援代行センター
代表者名 竹下 晶祥
住所 〒570-0053 大阪府守口市高瀬町5丁目8−1
電話番号 050-3704-7830/81-503704-7830
E-mail info@yamerunomikata.com
URL https://yamerunomikata.com