退職した後はどうすべき?退職代行や退職サポートを利用した後の流れとは

退職代行や退職サポートサービスを利用する方は「すぐにでも退職したい・仕事を辞めたい」と考えていることでしょう。しかし、「人間、暮らすにはお金がかかる」といいますから、新たな人生のステージを生きるための生計が必要、つまり退職が人生のゴールではないということです。

そこで、退職代行や退職サポートサービスの利用後に必要なアクションについて解説します。

退職届の送付、貸出品の返却、私物や退職書類の受け取り

退職届の送付、貸出品の返却、私物や退職書類の受け取り

まずは「退職に際して必要になるアクション」について解説します。そのアクションとしては、「退職届の送付」と「貸出品の返却」および「私物・退職書類の受け取り」があります。

退職代行や退職サポートは、退職までのサポートをするのが基本となります。弁護士の有無などにより細かい部分は異なりますが、実際に退職届を提出するのは退職希望者本人となります。

また、トラブルを回避して後腐れなく退職するためには「貸出品の返却」は必要不可欠です。必要な品物については、会社から通知があるはずです。提示された品物を、瑕疵なく返却しましょう。不備があれば、会社は返却を要請するための連絡を何度もしてくるはずです。

また、返却するだけでなく「回収」する品物も発生します。最終的に私物は処分されてしまいますので、その前に必要な品物は回収しておきましょう。

さらに、退職に際しては「離職票」「退職証明書」などの、退職後にも関係する書類が発行されます。必要な書類が送付されていなければ、請求して発行してもらってください。これらの書類は失業給付や転職にも関わってきますので、適当に済ませることだけは避けなければなりません。

社会保険の手続き

次に、「社会保険の手続き」が必要不可欠です。今までは勤め先が関係する保険に加入していたわけで、そこから抜ける以上は保険の手続きをしなければならないのです。

退職後の保険の状況については大きく分けて3種類あり、1つ目は「国保に切り替える」ことです。これは一般的な対処法であり、転職するまではその扱いになるでしょう。

2つ目は「会社の保険に一時的に入り続ける」ことです。ただし、退職後ずっとそうするわけにもいかないので、すぐに転職できる場合や一時的に保険に加入し続けたい場合を除けば、すぐにでも保険切り替えの手続きをすべきです。

その他の選択肢としては「親の扶養に戻る」という選択肢もあります。

年金、税金の手続き

年金、税金の手続き

保険のほかにも「年金」と「税金」の手続きも必要不可欠です。

「年金の手続き」は、退職希望者の状況次第で大きく分けて2種類の選択肢があります。1つは「転職先の厚生年金に加入する」ことで、もう1つは「国民年金または家族の厚生年金に入る」の選択肢です。この手続きは、基本的に退職代行や退職サポート業者は関与できません。

転職先が決まっている場合はほぼそのまま厚生年金に加入し続け、決まっていない場合は国民年金への加入または家族の厚生年金の扶養に入ってください。

「税金の手続き」については、今まで会社に任せていた納税をどうするかの問題です。これも年金同様に次の転職先が決まっている場合には源泉徴収票を提出するか、そうでない場合は自分で「確定申告」をしなければなりません。

どちらの場合であっても「すぐに転職できる勤め先が決まっている場合」と「転職先が未定である場合」で、対処が大きく異なります。

退職・転職できればそれで良いと考えるのは安易な考えであり、退職後の生活についてもきちんと考慮しておく必要があります。とは言え、まずは無事に退職することが重要、それが難しいというのであれば退職代行や退職サポートサービスを利用して、迅速かつ円満に退職することをご検討ください。

退職サポートサービス「ヤメル」ノミカタは、仕事を辞めたいが辞められないと悩むあなたの味方です。弁護士や司法書士の指導のもと、適正なサービスをご提供します。ご相談いただいた当日から対応可能ですので、会社を辞めたいというお気持ちがありましたら「ヤメル」ノミカタへお問い合わせください。

会社を辞めたい!退職代行・退職サポートを依頼したい!そんな方を支援する「ヤメル」ノミカタ

サイト名 退職サポートサービス「ヤメル」ノミカタ
運営事業所名 労働支援代行センター
代表者名 竹下 晶祥
住所 〒570-0053 大阪府守口市高瀬町5丁目8−1
電話番号 050-3704-7830/81-503704-7830
E-mail info@yamerunomikata.com
URL https://yamerunomikata.com